ちゅーりっぷ前線 −記憶を辿るノォト−

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩くひと

<<   作成日時 : 2017/02/01 13:54  

トラックバック 0 / コメント 3

画像



長いこと間を開けると、どこから手をつければ良いのか
何を書いたら良いのか、正直わからなくなる。
何か書こうとしても
「それってブログで公開するほどのコトだろうか…」
という、そもそも論の根本的な問いかけが
頭の中で巡り始めるのである。

仕方がない、こういう時は近況である。
そこに宣伝を絡めて少々小ざかしく書いてみようか。

………………………………………………

というわけで今年も五月、私は独り舞台をやらかす。
一昨年、昨年に続き、場所は山吹町にある「絵空箱」。
江戸川橋から2分、神楽坂から9分という立地の
このパフォーマンススペースを私は結構気に入っている。

理由は第一に、私の物価で借りられる良心的な料金で
あるということ。これは大きい。
第二に、観客に対してやさしいスペースである、
ということ。これも大大大事。

ここは小劇場には珍しく一階なので階段の昇降がないし、
客席は三人掛けのテーブル席。飲み物をいただきながら
比較的ゆったりと観てもらえる。
あと、トイレがきれいである。


場所よし、時期も風薫る五月、問題なし!

もしも問題があるとすればそれは私自身、と言えようか。

「音と動きの独り舞台」と銘打って、「歩くひと」の
ストーリーを身体で表現していく私が、どれだけのことを
積み重ねて本番に臨めるか。
舞台の成否はそこにかかっているわけだがどうだろう。
どこまでやれているのだろう。

ストレッチと走りで、体はだいぶ出来てきた。
とくに走ることによって得た成果は単に体にとどまらず、
心にも良い影響をもたらしてくれたと実感している。が、…
ならば踊り込みはどうか?踊り込んでいるか?と
自らに問うてみると、なんとなくどんよりと沈んでしまう。

自負心が持てないのである。
できる限りをやっている、と胸を張れない自分がいる。
自分のあれは動き回ってるだけ。
だめだめ踊り。全然踊れてなんかいない…

と、ここで気がついてしまう。
もしかしたらこれが最大の課題ではないのか、と。
できないところを気にするあまり、できていることまでも
打ち消して落ち込む傾向が自分にはあるらしい。


自分のしている努力に疑問を持つのは、時として必要である。
けれどもそれが日夜慢性的に疑問形や否定形で繰り返されるとなると、
もはや健全な思考回路の循環とは言えなくなってくるのではないか。
その循環は、まるで地下へ地下へと掘り進んでゆく
負のスパイラルではないか。
負の循環の中では、見える景色も感じる空気も常に暗く湿っぽく
滲んでいる。


陽射しが明るく春めいてきた。
負のスパイラルもいつかあの明るい空を目指し、上へ上へと
上ってゆく正のスパイラルに転じてゆくのではないか。
そう信じたい。そう信じよう。


いいではないか!
できることが走ることならば、それで。


知らず知らずに一年前をなぞってしまう辛い今年の冬も
あと数日で立春なのだ。

いいではないか、走れば!

日射しのおかげか、心なし涙の渇きが早くなってきた今日この頃である。











月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。行動していますね。
準備段階が9割くらいでしょうか?芸術の発表ってのは。
創作意欲が形となってお披露目される・・・凄いことですね。
とっても勇気が必要なことをするというだけで、もう一歩踏み出しているわけですものね、そのま走っていけばいいんじゃないですか。(と、無責任発言)
去年の紅白で、私は郷ひろみの後ろで踊っている女の子に、とても感動しました。
踊りに関しては何も解らないけれど、ただ感動したんですねぇ。きっと何か伝わったんでしょうね。  そうそう、私がとっても気に入って二回も観に行った作品が、昨日アニー賞で賞を獲ったと知って、思わずテレビの前で「やったー!」と叫び、何も知らない旦那が呆れていたいうという、どうでもいい情報を聞かせてコメント終わります。チャンチャン。
メイ
2017/02/06 12:34
あ!忘れました!
この歩く人のポスター?素敵な色合いですね。
メイ
2017/02/06 12:36
レッドタートル…でしたね。YouTubeで予告編を観ただけですが、それだけでも静かで美しい気持ちのいい作品世界が伝わってきました。好きな作品が評価されるのは嬉しいものです。郷ひろみの後ろで踊っていた女の子がメイさんに評価されて嬉しい僕は、メイさんの「ヤッター!」にちょっと近い感じで今います。
女の子は土屋太鳳という女優さんです。小さい頃からダンスをやってらしたようで、大学もそういった学科で学んでいるそうです。彼女のダンスポテンシャルはかなり高いレベルです。彼女の踊りを初めて見たのは昨秋、誰かのミュージックPVに出ていたのをワイドショーが取り上げていました。おったまげ〜!でした。相当難しいことを見事にこなしていました。
すごいもの、素晴らしいものは、理屈抜きで人を感動させること。メイさんのコメントで改めて考えさせられています。
よかったー!色合いにはこだわりました、苦労したんですよポスター。僕の場合、ポスターにこだわるエネルギーはイコール舞台にかける意欲の表れですから、ポスターが褒められると俄然やる気が湧いてくるんです!走りますよ!
松岡きいろ
2017/02/07 17:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
歩くひと ちゅーりっぷ前線 −記憶を辿るノォト−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる