ちゅーりっぷ前線 −記憶を辿るノォト−

アクセスカウンタ

zoom RSS にじむ青

<<   作成日時 : 2016/10/25 13:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像



12月に控えている、とある総合病院での個展に
向けて作品を描きためた、この九月と十月だった。

その病院での個展も今年で4回め。
自分の中では毎年12月の恒例になってきている。

それ以前は12月といえば、西新宿の紅茶屋さんでの
個展だった。
ある朝マスターが突然倒れお店が終わってしまった…
までの約20年、マスターは毎年12月の展示をきまって
私の小品展にしてくれた。
それで今でも12月になると、クリスマスに彩られた西新宿
高層ビル街の華やいだ雰囲気や、賑やかな人混みや、
冬の匂いが、記憶の底の方から昇ってくるのである。

とするとこれからの二十年先、12月が来るたびきっと私は
クリスマスムードの西新宿と、総合病院に行く途中のガランと
した12月の空を、セットで思い出すのかもしれない。


さて、九月十月に描きためた絵。
水彩の青を背景に描いたパステル画11枚と
水彩の赤黄色を背景にしたクレヨン画14枚が
そのうちわけなのだが、青を背景に描いた絵には
これまでと少しだけ違う感覚で臨んだ痕跡がどこか
見て取れる、ような気がしている。
ひとりそう思っている。

空の青と海の青。
これまでは青を背景にする時、単純にそのどちらかの
青を想定して画面を作っていったものだが、しかし
今回は空の青とか海の青とか、そんな縛りに囚われないで
青と対峙した、できた、ような気がするのである。

ただただ青いだけの青。

自由で、無限で、永遠で、
どうしようもなく悲しい
青。















月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
青・・・深いんですね。
自分も空と海の青は区別していました。意味もなく、自然とそうしていましたね。
しかも、空の青は水色で海の青は藍色・・・みたいなイメージまで抱いて。
自由で、無限で、永遠で、どうしようもなく悲しい、表現力に脱帽です。
わたし的には、悲しいのはやはり海の青・・・なんて拘っちゃうかな。
全然関係ないんですけど、昔西城秀樹が歌った「ブルースカイブルー」という歌が
とても好きだったんです。なんか壮大な曲に思っていたんですけど、年齢を経て聴いたら、歌詞がとても切なくて、そういう歌だったんだぁ・・・と理解し、むしろ歌詞の世界にのめり込んで(笑)秀樹のあの声にぴったりだなぁと、勝手に気に入ってしまった女が一人。昨日車の中でラジオから流れてきて、秋にぴったりじゃん?とか、一人妄想の世界に浸っておりました。 青は深いんです!(笑)
もっと関係ない話ですけど、週末帰省するんです。なんと!還暦同窓会ですって!
還暦って響きが、腰を曲げるイメージですけど、私はシニアカード出しても、「嘘!」といっつも言われるんだからね(って、超ダサイ自慢) 失礼しました。
メイ
2016/10/27 12:45
まさかブルースカイブルーがくるとは!やられました。高1の秋へ一気にフラッシュバックです。木曜日の9時です、ザ、ベストテン!です。翌年のヤングマンのような爆発的大ヒットではありませんでしたから1位になるようなことはなかったのですが、短命なパッと出のヒットとは違って長く10位以内に入っていた記憶がある名曲です。
で、メイさんのコメントで改めて歌詞を調べてみました。
え、阿久悠だったのか。ガーン!…そこまで愛した人を永遠に失ってしまった、そんな歌だったのですね。壮大な曲調から来る印象が強くて歌詞の細かいところまでちゃんと聴いてなかったことを今日知りました。単純にいい歌だなーと、それだけの高校生。若かったんですねー(笑)。
還暦同窓会ですか!楽しそうです。外見や語りから見えてくる十人十色の60年。激変も不変もとにかく60年生きてきた証しが一同に会して、近況や昔話に花を咲かせるひと時、大いに楽しんできてください。
松岡きいろ
2016/10/28 02:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
にじむ青 ちゅーりっぷ前線 −記憶を辿るノォト−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる