ちゅーりっぷ前線 −記憶を辿るノォト−

アクセスカウンタ

zoom RSS 善意に苦しむ

<<   作成日時 : 2016/10/04 21:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

12月で百になる伯母に週に一度、一泊二日の
ショートステイに入ってもらうことにした。

まだまだしっかりしているとはいえ、私が出かけている間
伯母一人に留守番をさせることに限界を感じているのが、
決断をさせた理由の一つである。
一つ、と言うことは他にも理由があるわけだが、今ここでは
触れるのをやめておく。

さてー、
伯母のショートステイ話を聞きつけ周囲(ごくごく限られた範囲の身内)が
ざわめき始めた…らしい。
私の身の回りにいる人々は総じて善人ばかりなので、
耳に入ってくるざわめきも総じて善意から発信されているから、
これは幸福なことなのである。
有難いと思わなければならない現象なのである。
だが意に反して、私の心は不穏な揺れを繰り返す。

どうしてざわめくのかが、理解できないのである。

「へぇそうなんだ、いい施設だといいね。」で話はおしまい。
これが私の感覚なのだが、ざわめきはこの先まで言及してくる。

気をうんと使う伯母だから施設で頑張ってしまって、一泊二日は
伯母に負担になるかもしれない。慣れないショートステイがきっかけで
認知症になってはしまわぬか…と、こんな心配をざわめきは
してくれるのである。

これを電話口で聞いた時、一瞬私は絶望的な気持ちになった。
そんなことを言ってたら家族は何もできないではないか、と。

夏の終わり、私の介護生活を「それほどでもない。」と、目の前で
ざわめきの主から評価を下された。
そのときから私は、主から発信される善意をどこか複雑な思いで
受け取るのである。

有り難とうと感謝する心が、苦しみでもんどり打っている。








月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
伯母さま、百歳!?おめでとうございます!!
ここんところの天候の変化、お身体にはきついでしょうが、もうすぐ美味しい物が溢れる季節になりますから、お健やかに・・・とお伝えくださいませ。
雑音は騒音になると厄介ですから、しっかり防音しなくっちゃね!素材選びを吟味しましょうか?
はね返すほどの頑丈素材か、サーーーーっと通り抜けていくしなやかな素材か?
くれぐれも吸収力の大きい物は選びませんように(笑)
色々ありますが、敏感で繊細な時期には、あれこれグサグサくるものですよ。やがて、それらのことは、どーーでもよくなりますから適当に適当に(笑)メイのお節介でした。
そうそう、レッドタートルを2回も観ちゃいました。好きな世界でした。では!
メイ
2016/10/07 08:29
メイさんのお祝いの言葉帰ったら伯母に伝えます。きっと泣いちゃうなぁ…
僕が、です(笑)。
もうメイさん、たーいへんなんです。きいろのだだ漏れ涙。死に別れのシーンだったらどんな大根役者でもたぶん今の僕は泣いてしまう。ゆるゆる涙腺は、もしかしたら尿漏れと同じメカニズムなのかもしれません。紙パンツならぬ紙眼帯がほしい…。

サーーーーッと通り抜けるしなやか素材がいいですねぇ。
元々の性格が吸収力の大きいスポンジ素材ですから、サーーーーッに憧れます。
で、サーーーーッの素材探しをあれやこれや頭の中で巡らしてみたのです。
するとわかった。騒音を出すのも、防音の素材も、結局は人なんですよね。
落ち着いて周りをぐるりと見回せば、スポンジの僕にサーーーーッのしなやか素材を提供してくれる人が、なんと何人もいるではありませんか!
それに気がつかせてもらったら、なんか嬉しい気持ちになってきました。
レッドタートル、チェックチェック!

松岡きいろ
2016/10/07 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
善意に苦しむ ちゅーりっぷ前線 −記憶を辿るノォト−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる